【名字】若島

【読み】わかしま,わかじま

【全国順位】 7,038位
【全国人数】 およそ1,300人


【名字の由来解説】

現富山県である越中起源とも言われる。近年、富山県下新川郡入善町に多数みられる。 「島」は一定の小区画を表す。
このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る フォローする

最終更新:2016/02/09 21:12:19  最終更新者:かま


※ランキングや人数、読み、解説などの名字データをご利用される場合は、「参考資料 名字由来net」「名字由来netより引用」「出典 名字由来net」などと記載、そしてURLへリンクしていただき、自由にご活用ください。
※引用元の記載なく無断での商用利用(ニュースサイト,Youtubeなどの動画,まとめサイトなど含みます)は利用規約に反するため、問い合わせ窓口にご連絡頂くか、又は「参考文献 名字由来net」のクレジット表記とURLリンクのご協力をよろしくお願いいたします。

若島さん みんなの名字の由来
「信濃古代史の中の人々 」
一史料上の氏名・地名を糸口に信濃の古代を探る一
松崎岩夫 著
信濃古代文化研究所発行
1986年1月20日発行
より一部抜粋

第十七章 金刺舎人若嶋(島)(かなざしとねりわかしま)

『続日本紀』宝亀三年(七七二)正月二四日条
「信濃国水内郡の人女孺外従五位下金刺舎人若嶋等八人に姓を連と賜う」
(しなののくに、みのちのこおりのひと、にょうじゅ、かなざ しとねりわかしまらはちにんに、かばねをむらじとたもう

これは信濃国水内郡出身の女孺の外従五位下金刺舎人若嶋等八人の人に連の姓を賜わったというものである。
この他のことは全く記されていないので具体的のことは一切わからない。当時においては、国の慶事すなわち 即位・立太子・改元などの時は恩赦、叙位叙勲、または孝子節婦などの表彰が行われるのが通例であったよう だ。しかし若嶋等八人の場合は、このような事とは関係がなかったように思われる。彼女は当時外従五位下という高い位階にあったことを考えると、掌侍・典掃・掌膳等のような一般の采女を管理する立場にいたと見てもよかろうか。
若嶋はかつて采女として信濃国水内郡の 郡領家である金刺舎人家という家族から貢上されて後宮に入ったことになる。彼女が『続日本紀』に顔を出すの は、宝亀三年(七七二)であるが、この時彼女は外従五位下という位階を持っているから、相当の年令に達して いたと見られる。采女は原則として終身制であったので、若い年令の時に後宮に入り、長年のお勤めと、中には 天皇の寵愛を受ける人などあって、彼女等の位階の高さは相当のもので、若嶋のような従五位下は珍しくはなく、彼女らの位階を地方官である、彼女らの父 兄である郡司とを較べてみるとおもしろい。郡司長官である大領でさえ六位どまりが普通であることを思えば、 若嶋の位階の高さが理解されるだろう。

卑姓であったものが、貴姓を賜わるという例も見られる。金刺舎人若嶋はこの例に入る。すなわち舎人 (とねり)という姓(かばね)から連(むらじ)という姓を賜わったのである。
「采女の名前は大化前代は国名で呼ばれたことから、当時その国を治めていた国造家から采女が差し出されたように思われる。時代が下がって律令制下になると、采女には郡の名が付されて、「水内郡采女」というようになり、 郡領の家の女子が貢されるようになった。古代においては各氏はそれぞれ姓があり、それによってその氏の出自、家柄とか職掌がわ かるようになっていた。その種類も多くあったが中でも臣と連が最も高く、またその中に大臣(おおおみ) と大連 (おおむらじ)があり、これらが国の政治の中枢をになっていた。
さて彼女は他の八人と共に、宝亀三年(七七二)正月二四日に連を賜わった。地方でこそ舎人といえば天皇側近の警衛に任じた者とし、名誉に思うようであったが、中央においては舎人自体の地位は低く、姓としても卑姓 の部類に入るもので、彼女が新らしく賜わった連とは大きな違いがあった。
そもそも連という姓は、大和朝廷成立前から、すなわちわが国を統一する前から、または統一過程の中で、朝廷と主従関係にあり、長期にわたり、困難の多かった統一のための戦いや事業をすすめて来た氏族に与えられる 姓であった。そして国内統一をなしとげ、政権を獲得してからは、部民を統率してその長となり、皇室に仕える ようになった。従ってこの連の姓の氏族は、天孫・天神系が多く、その中でも知られた氏族は大伴氏・物部氏・ 中臣氏などであった。この連の姓は近世の例でいうと、徳川氏の三河時代から、その家臣として苦楽を共にした譜代に当ると考えると理解し易い。若嶋は舎人という卑姓から貴姓の連姓を賜わった理由は、彼女が内廷において長く奉仕したことによるか、または高い信頼を受けたか、あるいは天皇に気に入られていたかなどによるものと思われる。
【投稿日】2019/04/18 10:40:19
【投稿者】創作人形若島さん
2草創期の善光寺について調べる より

『続日本記』-水内郡の金刺舎人若嶋(わかしま 女官)は宝亀元年(770)に、正七位から外従五位下を授けられ、同3年、連(むらじ)の姓を与えられ、同8年(777)には信濃守と同位の従五位を授けられた。(『善光寺史研究』第一章建立した人々より)
【投稿日】2016/09/29 09:45:51
【投稿者】若島さん
青菖蒲さんのサイトより「善光寺のこと」から

善光寺を建てた郡司は何者かということです。
そのヒントが続日本紀にあります。

宝亀元年(770)金刺舎人若島という水内郡出身の女官が正七位下から外従五位外に昇叙されたといいます。

従って水内郡の郡司は金刺舎人氏という一族だったことが分かります。

郡司は原則的に世襲だから、善光寺は金刺舎人氏の氏寺といってもよいでしょう。



水内社神 より

古くは続紀宝亀中,本郡の女嬬外従5位金刺舎人若島と見えるように,金刺姓の神家であったらしい。
【投稿日】2016/09/29 00:22:49
【投稿者】若島さん
みんなの名字の由来 投稿
「みんなの名字の由来」に書きこむには、ログインが必要です。
 
若島さん みんなの家紋のはなし
まだ若島さんの「みんなの家紋のはなし」がありません。

 

※名字の順位・人数は2019年3月時点の政府発表統計および全国電話帳データを元にルーツ製作委員会が独自に算出したものです。
※名字由来netは政府発表統計や独自調査により得られたデータから、日々変化する日本人の名字の人数を日本で唯一算出しております。
※名字の推計人数は四捨五入して掲載しているため、各都道府県の合計人数と全国人数は一致しない場合があります。また、推計人数が少ない名字につきましては、一律「およそ10人」としています。
※名字の専門企業が算出している日本唯一の名字オリジナルデータですので、ご利用になりたい法人やマスコミの方々はこちらよりお気軽にご相談ください。

※解説欄に「詳細不明」等と記載されている場合でも、「読み」や「有名人情報」が更新された際「新着・更新」名字欄に掲載されます。

※名字の情報を欲しい方は「情報求む」ボタンを押してください。「情報求む」欄には最新10件のみ表示されますので、定期的に確認いただき更新されることをお勧めします。
名字について詳しい情報をお持ちの方は、「名字の情報を送る」より名字の情報をお書きのうえ、送信ください。お送りいただいた情報はルーツ製作委員会にて精査し、名字の解説として掲載させていただくことがあります。

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る フォローする

名字検索

次に検索したい名字を入力してください。

*
 

最近検索された名字

小野寺  日照田  浜井場  大綱  霞本  助島  阪本  道心  詫間  伊清  酒勾  光里  広仲  久世  磯亀  遠矢  鎌坂  篠原  嘉齋  江田  菊先  瀧倉    楠待  小井  外山  功野    野場  万江  須藤  勇我    舟水  道村  朝日奈  織田桐  北本  一戸  鬼月  磯尾  飯河  井林  沼倉  紺一  按田      松田  元辻  髙坂  神林  佐々木  武宇  寺崎  円谷  在田  勅使河原  清野  來須  見春  辻坊  武士俣  小瀬利  文藤  斎竹  桑原    鞆井  栗栖  香門  矢地  帯名  越智  北國谷  黒藪  柿本  多波見  淺木森  隅澤  熊坂  矢内原  銀野  菊林  倉掛  山下  前嶌  芦谷  梨木  乃美  塔山  永坂    百瀬    萬蒲  纐纈  坂田  川村  武岩 


家紋検索

調べたい家紋の名前や戦国武将・大名の名字を入力してください。

 
 


 

約30万種あるとされる日本人の名字の中で
5月21日最も幸運な名字はこちら
名字別の運勢はこちら

当サイトは多くのユーザー様に広くご自分や身近な方の名字の由来を知って頂くことを目的としておりますので、「情報の流用や加工を目的とした不正なアクセス」「他の文献等の内容を無断転載する」「不正なIPアドレス」 「同一人物が他人を装い、いくつものアカウントを使用し、不正なアクセスや当サイトに混乱をきたすような行為」「他サイトなどで根拠のない誹謗中傷などが発見された場合」 など左記はごく一部ですが、利用者に混乱をきたすと判断された場合は、データ保護の観点により、アクセス禁止措置、更に迷惑行為と判断し、法的措置を取らせていただく場合がございますので、ご了承ください。
取材等につきましてはこちらからご連絡ください。

名字検索

次に検索したい名字を入力してください。

*
 

 

300万ダウンロード突破!! スマホで名字由来netを使うなら、アプリがおすすめ!