【名字】又丸

【読み】またまる

【全国順位】 31,773位
【全国人数】 およそ100人


同姓同名検索はこちら
又丸さんと相性のいい座席を診断!
又丸さんと気になるあの人の相性を診断!
個別に家系図を知りたい方はこちら
スマートフォン専用の検索はこちら
又丸さんプレミアム会員とは
すでにプレミアム会員の方へ

【名字の由来解説】

同名字は、福岡県、熊本県、北海道などにみられる。
この名字について情報をお持ちの方は「みんなの名字の由来」に投稿いただくか(※無料会員登録が必要です)、「名字の情報を送る」よりお寄せください。
このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る フォローする

最終更新:2017/03/14 16:31:33  最終更新者:名字由来net


又丸さんの多い地域 TOP5

都道府県人数
福岡県 およそ50人
熊本県 およそ20人
神奈川県 およそ10人
宮崎県 およそ10人
大阪府 およそ10人
市区町村人数
福岡県大牟田市 およそ30人
熊本県荒尾市 およそ10人
神奈川県川崎市宮前区 およそ10人
神奈川県茅ヶ崎市 およそ10人
大阪府羽曳野市 およそ10人

又丸さんの比率が多い地域 TOP5

都道府県比率
熊本県 0.00102%
福岡県 0.00091%
宮崎県 0.00076%
神奈川県 0.00016%
北海道 0.00008%
市区町村比率
熊本県玉名郡南関町 0.047%
熊本県玉名郡長洲町 0.029%
福岡県大牟田市 0.029%
熊本県荒尾市 0.017%
福岡県福津市 0.01%
※詳細は地図またはリンクをクリック

※ランキングや人数、読み、解説などの名字データをご利用される場合は、「参考資料 名字由来net」「名字由来netより引用」「出典 名字由来net」などと記載、そしてURLへリンクしていただき、自由にご活用ください。
※引用元の記載なく無断での商用利用(ニュースサイト,Youtubeなどの動画,まとめサイトなど含みます)は利用規約に反するため、問い合わせ窓口にご連絡頂くか、又は「参考文献 名字由来net」のクレジット表記とURLリンクのご協力をよろしくお願いいたします。

又丸さん みんなの名字の由来
「又丸」氏の本姓は「新羅三郎義光――佐竹」流の源氏です。「又丸二郎義晴?」は鎌倉時代の初めに新羅三郎義光から六代目の「佐竹四郎秀義」が頼朝と「金砂城の戦い」で一度は戦い敗れた数年後、頼朝に頭を下げて平泉攻めに参戦し、勝手知ったる平泉を亡ぼすのに大功を挙げたと美濃の「方々郡(今の岐阜市)」を与えられ、「美濃別当」の地位を与えられ「鷺山城」に住んだ。その秀義の子が「佐竹太郎義繁」「又丸二郎義晴?」「野原三郎義政?」「坂井四郎義兼」・・・と続く。

※「義晴」と「義政」に?を付したのは、後年編纂された『美濃国諸旧記・濃陽諸士伝記』では「二郎義晴」、「三郎義政」とされており、『美濃國諸家系譜』では太郎の次に二郎の記載がなくいきなり「三郎義晴」とされている。この点に関して、白川町企画課の服部様も断定は難しいとのこと。なお、「義政」の名は大河ドラマ『鎌倉殿の13人』にも描かれたように、「金砂城の戦い」の冒頭で従来から利害が対立する「平上総介広常」に呼び出されて謀殺されている「秀義」の長兄「佐竹太郎義政」に付けられていたが、「秀義」がその名を三男に付けた可能性はあろう。

いずれにしろ、「又丸」は二郎義晴が鷺山城に近い岐阜市にある狭い「又丸」の地を父から与えられたことに由来すると思われる。次男だけに「控え」として近くに置きたかったのだろう。したがって「家紋」は佐竹氏の「扇紋」のはず。残念ながら大名「佐竹家」の家系図には記載がないよう。

※因みに、「三郎」は母方の「木田判官代国重」の娘であり、その縁か下呂温泉の下流にある白川町の「野原郷」を与えられて「野原」と名乗っている。「四郎」に関しては不明。

後に1221年に起きた「承久の乱」で、長男と次男は幕府側に立ち、三男と四男は朝廷側に立つことになった。「又丸」氏はその功績で「新補地頭」としておそらく九州の「大牟田市」付近に領地を与えられたものと推測される。

※因みに敗れた後者の「四郎」は討ち死にし、子孫については不明。「野原三郎」も深手を負い後に死んだよう。ただ、息子が後に守護大名となる「土岐」氏に拾われ、土岐一族の娘を娶り「桔梗紋」に改めて孫が名ばかりだが「紀伊守」を名乗るなどした。

■その辺りの詳細は、投稿サイト「野原家いらっしゃーい」の2022/5/12付の長文をご覧ください。
【投稿日】2022/05/14 10:21:23
【投稿者】利賀人さん
みんなの名字の由来 投稿
「みんなの名字の由来」に書きこむには、ログインが必要です。
 
又丸さん みんなの家紋のはなし
まだ又丸さんの「みんなの家紋のはなし」がありません。

 

※名字の順位・人数は2022年3月時点の政府発表統計および全国電話帳データを元にルーツ製作委員会が独自に算出したものです。
※名字由来netは政府発表統計や独自調査により得られたデータから、日々変化する日本人の名字の人数を日本で唯一算出しております。
※名字の推計人数は四捨五入して掲載しているため、各都道府県の合計人数と全国人数は一致しない場合があります。また、推計人数が少ない名字につきましては、一律「およそ10人」としています。
※名字の専門企業が算出している日本唯一の名字オリジナルデータですので、ご利用になりたい法人やマスコミの方々はこちらよりお気軽にご相談ください。

※解説欄に「詳細不明」等と記載されている場合でも、「読み」や「有名人情報」が更新された際「新着・更新」名字欄に掲載されます。

※名字の情報を欲しい方は「情報求む」ボタンを押してください。「情報求む」欄には最新10件のみ表示されますので、定期的に確認いただき更新されることをお勧めします。
名字について詳しい情報をお持ちの方は、「名字の情報を送る」より名字の情報をお書きのうえ、送信ください。お送りいただいた情報はルーツ製作委員会にて精査し、名字の解説として掲載させていただくことがあります。

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る フォローする

名字検索

次に検索したい名字を入力してください。

*
 

最近検索された名字

後口寺  別所  日々谷    重黒木  根田林  宇祢  権現  志食    東絛  薄倉  金谷  氣屋村  神馬  今関  大美    辰巳  大額  加冶木  浦畑  梶邑  宗京    平永  葉本  大豆生田  岡本  休萬  瀬戸谷  緒方  有弘  渋市  玖田  蓮沼  山本  新発  南川  福尾  正親町  靑木  下鉢  二ノ上  剱重  瀬野  舩尾  埜下  水卜  諏訪  三嶋  北埜  宮近  金城    近嵐  金指  植木  藤林    曽明  秋羽  河合  十朱  上別府  猫本  成廣  下坊  野澤  松山  精木  桒田  阿良  上地  佐橋  古賀  出納  猪飼  貝間  猶塚  神々廻  若子内  阿刀  眞土  小野塚  吉野川  黒葛原  餘澤  石吾  比奈地  生川  下郡山  引戸  出川  石間  伊寄  頭高  苑川  小湊  友近 


家紋検索

調べたい家紋の名前や戦国武将・大名の名字を入力してください。

 
 


 

約30万種あるとされる日本人の名字の中で
7月6日最も幸運な名字はこちら
名字別の運勢はこちら

■今評判の名字ランキング
いろいろな名字・珍しい名字ランキングはこちら ベスト・オブ・名字はこちら 年間 名字アクセスランキングはこちら 上・下半期アクセスランキングはこちら 今日誕生日の有名人一覧へ 世界の名字ランキングはこちら

当サイトは多くのユーザー様に広くご自分や身近な方の名字の由来を知って頂くことを目的としておりますので、「情報の流用や加工を目的とした不正なアクセス」「他の文献等の内容を無断転載する」「不正なIPアドレス」 「同一人物が他人を装い、いくつものアカウントを使用し、不正なアクセスや当サイトに混乱をきたすような行為」「他サイトなどで根拠のない誹謗中傷などが発見された場合」 など左記はごく一部ですが、利用者に混乱をきたすと判断された場合は、データ保護の観点により、アクセス禁止措置、更に迷惑行為と判断し、法的措置を取らせていただく場合がございますので、ご了承ください。
取材等につきましてはこちらからご連絡ください。

名字検索

次に検索したい名字を入力してください。

*