かんたん資料請求
お電話(フリーダイヤル)
お問い合わせ・お申し込み
家系図作成メニュー
オプション・その他の調査
あなたの家系図
専門調査できる?
サービスについて

簡易武士調査・紳士録肩書調査


簡易武士調査

当会独自の試算によると、日本人のおよそ20人に1人の割合で、ご先祖様が武士(士族)である可能性がございます。
江戸時代には農民や平民であっても、戦国時代やそれ以前に武士であり、家の勃興により、平民となった家系も多いものです。
ご依頼者様のご先祖様が江戸時代(1603-1867)に武士(士族)であったかどうかを調査、解析し、調査報告書を発行いたします。当会では経験豊かな専門家集団により、取得した除籍謄本やその他の内容から判断します。
ただし、この調査はあくまでも初期段階の調査であり、武士の可能性を推測するものです。簡易武士調査の結果を鑑み、本格武士調査にすすむなどで判明する場合もございます。 本格的な武士調査をご希望の場合は、オプション2-③の「ご先祖様の本格武士調査」も合わせてご要望ください。


※上記は簡易調査であり、当会所属の経験豊富な専門家の判断となります。公的文書など新しい発見により、診断結果が変わる場合もございますので、あらかじめご了承ください。
※上記は簡易武士調査報告書を発行いたします。正式な「武士認定書」につきましては本格節調査オプション2−③を選択され、調査の結果、当会が士族であると判断した場合のみ発行いたします。
※当会には江戸三百藩の分限帳が揃っております。
※簡易武士調査の実施には、戸籍調査が必要です。


本格専門調査について詳しくはこちら

紳士録・肩書調査

昭和17年(1942)に刊行された「人事録」をはじめ、当時の役人・軍人・学者・会社管理職・地方自治役員など、全国(満州・中国・台湾・樺太などの外地を含む)約15万1,000名の名士を調査、分析し、調査報告書を発行いたします。およそ現日本人150万人のご先祖様にあたり、約100人に1人のご先祖様が該当することになります。
ご報告内容につきましては、氏名・当時の肩書(職業)などとなります。
※紳士録・肩書調査は当時の役人・軍人・学者・会社管理職・地方自治役員など、全国(満州・中国・台湾・樺太などの外地を含む)約15万1,000名の名士調査ですので、調査後、「該当者なし」といった調査結果の場合もございますので、予めご了承ください。 
※紳士録・肩書調査は昭和刊行の「人事録」等の調査となりますので、明治やそれ以前の調査が可能と判断された場合は、ご希望があれば別途ご料金をいただくこともできます。 


ご料金


通常料金(今ならキャンペーンで無料実施可能!戸籍調査、基本プランが別途必要です。)
通常料金(今ならキャンペーンで無料実施可能!戸籍調査、基本プランが別途必要です。)
簡易武士調査
(一系統)
+50,000 円〜
紳士録・肩書調査
(一系統)
+50,000 円〜

※戸籍調査をご依頼いただいた系統について調査させていただきます。
※二系統調査をお申し込みの場合、キャンペーンで付いてくる「簡易武士調査 または 紳士録・肩書調査」も二系統行います。(三系統、四系統以上についても同様にそれぞれ行います。)
※戸籍調査の系統の説明についてはこちらをご覧ください。
※表示のご料金は税別となっております。