【みんなの名字の由来】

ユーザーの皆様から寄せられた名字の情報を掲載しています。

「みんなの名字の由来」は各名字の検索結果ページから登録できます。
名字検索はこちらからどうぞ。

スポンサーリンク

能渡さん
「のわたり」

とも読みます
【投稿日】2019/02/20 20:18:24 【投稿者】コーガザルさん
神子柴さん
長野県上伊那郡南箕輪村に「神子柴」(みこしば)という地名があります。
【投稿日】2019/02/20 17:08:04 【投稿者】ちば子さん
近喰さん
「ちかくい」と読む人もいます。
【投稿日】2019/02/20 16:55:58 【投稿者】ちば子さん
風行さん
大阪天王寺区に2世帯しか存在しない。
故郷に幸せな風が行くが語源。
新興苗字
【投稿日】2019/02/20 15:10:12 【投稿者】ゆうさんさん
加代さん
福山市に[かだい]と呼ぶ友人がいます。

【投稿日】2019/02/20 11:26:01 【投稿者】広島のまーくんさん
眞継さん
眞継家は京都府に数人ー十数人ほどいるとみられる。また、神奈川県にも1‐3人、東京に2-5人程度いる模様。藤原氏より苗字を授かったのち、北面の武士として上皇の身辺警護を行っていた形跡があり、現に眞継家の本家とされる京都府京北町のとある家には、その痕跡となる遺物が残されている。その後、京都府を中心として鍛冶職人として活躍した。(名古屋大学の学者の方がかなり詳しく調べているので、必要であれば参考にしていただきたい)
【投稿日】2019/02/20 01:43:49 【投稿者】たむんさん
簗瀬さん
某郷土史研究家によると、その昔近江の簗瀬村に簗瀬美作守君紀という蒲生氏郷の家臣がいて、主君が会津に国替えになったとき主君の徳を慕って会津へついてきたそうです。滋賀県には簗瀬城跡があります。松平容保の時代には家老を務め、戊辰戦争では一族の2名が白虎隊士として飯盛山で自刃しています。その一人簗瀬勝三郎の姉の子孫が青森県八戸市、岩手県盛岡市、神奈川県鎌倉市、奈良県奈良市、兵庫県神戸市他各地に住んでいます。
【投稿日】2019/02/19 19:29:36 【投稿者】通りすがりのものですがさん
城前さん
八戸市で、もともとは類家(るいけ)という姓であったが、城の普請に功績があり、城の前に住んでいたことから殿様から城前(じょうまえ)の姓を与えられたと伝え聞きます。
【投稿日】2019/02/19 19:14:25 【投稿者】通りすがりのものですがさん
森原さん
島根県の出雲大社の南東部2kmほどのところに森原村という村があり、そこの人達の姓はほとんどが森原という名前です。
もともと出雲大社の関係者と思われます。
また、家紋は抱き茗荷が多いと聞きます。以上
【投稿日】2019/02/19 16:11:19 【投稿者】だいすけさん
穴津子さん
青森県八戸市に本家の人が住んでいる。岩手県洋野町にも少しみられる。しかし、はっきりとした起源は不明でルーツは本人もよくわからないとのこと。
【投稿日】2019/02/19 15:22:21 【投稿者】だいまるさん
このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る フォローする

名字検索

みんなの名字の由来を入力するには、まず入力したい名字を検索してください。

*
 

 

300万ダウンロード突破!! スマホで名字由来netを使うなら、アプリがおすすめ!