【みんなの名字の由来】

ユーザーの皆様から寄せられた名字の情報を掲載しています。

「みんなの名字の由来」は各名字の検索結果ページから登録できます。
名字検索はこちらからどうぞ。

スポンサーリンク

鳥尻さん
殿尻という名前だったのが、殿の尻だとおそれ多いからという理由で鳥尻になったと母から聞いています
【投稿日】2017/01/23 05:57:21 【投稿者】鳥尻さん
成田さん
滋賀県近江八幡市に多いです
【投稿日】2017/01/22 03:17:03 【投稿者】なんで太郎さん
西さん
『にし』と読みます。母方の旧姓で、昔はその地域では名のある地主だったそうです。
さらに昔では商家だったそうで、鍋島藩の何代目かは分かりませんが、宿泊をされる場所とも聞きました。
【投稿日】2017/01/22 01:07:02 【投稿者】かなちこさん
江口さん
読み方は(えぐち)
父の話では、分家にあたるとのことで、江戸時代後期あたりから続く農家なのだそうです。地元佐賀の私の住む田舎では周りほとんどの方が同じ性で固まって集落を作っています
【投稿日】2017/01/22 01:01:56 【投稿者】かなちこさん
琴陵さん
読み「ことおか」。香川県金刀比羅宮の宮司の姓。
【投稿日】2017/01/21 19:43:47 【投稿者】卍郎さん
川舛さん
川舛という名前の由来は、安芸高田市吉田付近の祖母の家に巻物があり祖父や父からも聞いたことによれば、元は伊予(愛媛)の戦国大名河野氏から分かれた名字で、武家としての最後の当主河野通直が竹原に落ち延びたあと、その子河野通信(こうのみちのぶ)から始まり僕より三代前、もしくは四代前に河野という名前から派生したようです。
最後の当主河野通直の妻が毛利元就の孫に当たるので、毛利氏の城のある吉田に住んだものと思われます。
今はお墓の整理をしましたが、私が幼い頃はかなり古いお墓もたくさんあり河野家の家紋もついていました。
現在も隅切り角に揺れ三文字を家紋に用いてます。
【投稿日】2017/01/20 16:53:16 【投稿者】川舛さん
宮定さん
福岡の北九州市に集中
【投稿日】2017/01/20 13:58:33 【投稿者】☆CALPISさん
宇多田さん
熊本県にも10人ほどいますよ~!!
【投稿日】2017/01/19 23:16:24 【投稿者】宇多田さん
井伊さん
江戸幕府大老家であり、彦根藩主であった井伊氏の原点、井伊谷城は引佐郡渭伊郷の中心であったことが知られ、「渭伊(いい)」とは「井」のことだと言い、「渭伊」は好字二字令公布時の当て字と思われる。
【投稿日】2017/01/19 13:32:45 【投稿者】井伊さん
金魚さん
伝統的な名字と云われる。
山口県下関市の彦島では山口県下関市で1185年(元暦2年・寿永4年)にあった壇ノ浦の戦い後に来住した平家の落人(おちうど)の後裔が江戸時代に創姓したと云われる。
【投稿日】2017/01/19 12:25:04 【投稿者】だいまるさん
このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

スポンサーリンク

名字検索

みんなの名字の由来を入力するには、まず入力したい名字を検索してください。

*
 

 

スマホで名字由来netを使うなら、アプリがおすすめ!