【みんなの名字の由来】

ユーザーの皆様から寄せられた名字の情報を掲載しています。

「みんなの名字の由来」は各名字の検索結果ページから登録できます。
名字検索はこちらからどうぞ。

スポンサーリンク

塩出さん
名字の推移 塩出の苗字の推移  児玉ー庄
氏ー四方田ー四王天ー塩出    
          
【投稿日】2017/03/28 12:12:13 【投稿者】塩出さん
定標さん
「定標田」の田を省略した形
由来は「標識で定めた田んぼ」
【投稿日】2017/03/28 07:40:57 【投稿者】ツっチーさん
大豆生田さん
もとは壬生城主の鳥居様の家来だったそうです。墓は読めるもので元禄の年代のものが有りますが、いつ頃から続いているのかは不明です。
【投稿日】2017/03/28 00:29:53 【投稿者】まめさん
本木下さん
滋賀にも少数存在
【投稿日】2017/03/26 20:04:34 【投稿者】☆CALPISさん
田之さん
読みは「での」だと
【投稿日】2017/03/26 14:50:38 【投稿者】すずかけんさん
金光谷さん
北海道に住んでいる金光谷は
キンコウタニでもなく
カネミツヤでもなく

「きんこうや」と読みます現在9名
居ます、先祖は秋田県由利本庄に
戸籍が有った痕跡があります
過去帳には延宝1673年まで確認
出来ますが詳しい話は良く分からないです。
【投稿日】2017/03/25 21:47:36 【投稿者】金光谷さん
上木さん
うわぎとも読みます
【投稿日】2017/03/25 15:52:11 【投稿者】上木さん
塩尻さん
(1221)承久の乱の恩賞で信濃国塩尻郷東条の地頭職を貰いました。
本来の恩賞は敵方の朝廷に味方した武士の領地を没収した所をもらいました。
その数は西国3千ヶ所から貰う御家人が殆どですが塩尻氏の先祖は畠山重忠が木曽義仲勢と戦い恩賞として貰った
信濃上田市近辺を親戚筋の宇都宮系茂木氏、薩摩島津系の分家の信濃島津氏と秩父平氏畠山重忠の実弟、長野三郎重清が地頭代で治めました。
〈1205〉畠山重忠は殺され信濃の領地は没収されました。その後、重忠の謀反の疑いは晴れたが信濃の領地は還りませんでした。長野重清は
無念の死をとげた畠山重忠の領地を復活してもらう機会を待ちました。
〈1221〉承久の乱が起き、1270年頃、編纂された吾妻鏡には長野姓から塩尻郷東条の地頭になり「塩尻」姓を名乗っている。
南北朝期に鎌倉幕府方で領地を失い、親戚の秩父平氏系赤木氏が塩尻市広丘の赤木に居ましたが承久の乱の恩賞の恩賞で備中赤木氏が派出していました。
又、武蔵七党の児玉党庄氏も承久の乱の恩賞で備中庄氏(猿掛城)も秩父平氏とは古い親戚でありました。周囲の勧めもあり、塩尻氏は信濃を離れ備中に移りました。
備中に移った塩尻一族は備中兵乱期を戦い抜いて最後には毛利方と敵対します。羽柴秀吉が備中高松城を水攻めにしましたがその時、塩尻一族は羽柴方で戦っていました。
〈1582)織田信長が殺され羽柴方は明智軍と毛利方に挟み撃ちになる危険が出た為、毛利方と和睦を急ぎます。毛利方の和睦条件の一つに「羽柴方備中武士は帰農する事」
が出され、羽柴方は急ぐ余りに条件を呑みます。
塩尻家は備中下道郡川辺村に帰農し、代々庄屋をして居ましたが江戸期に私の家系に「郷士」の塩尻家も派出しました。
しかし、塩尻一族は多く、長く仕えた家臣もおり、帰農の命令に直に従いません。秀吉は決心します。
これより、姫路に引き返して、謀反人明智光秀を討つので帰農に不満な備中武士は秀吉軍に従う様に下知しました。
「名高い、中国大返し」であります。その後、謀反人光秀を討ち、明智の旧領を貰った武将に塩尻一族は仕官しましたが〈1600〉関ケ原の戦いの時に丹後田辺城の細川幽斎を討つ様に
石田光成に下知され「見せかけの攻撃 谷の空鉄砲の逸話が残る戦いに参戦した為、切腹、断絶と厳しいお咎めで塩尻一族は京都綾部市に帰農しました。
最後に備中塩尻氏の郷士をしていた塩尻氏は幕末に戊辰の役で官軍で戦死しています。
塩尻姓の出自は「秩父平氏畠山重忠の末裔」と倉敷市「真備町史」に記載されています。(425ページに)
江戸初期は「庄屋・郷士・川辺(岡田)藩士」と備中で派出。
「前九年の役、後三年の役の八幡太郎義家親子に与力して以来、奥州征伐、源平合戦、応仁の乱、戦国戦い、戊辰の役と日本の戦いの歴史に参戦した秩父平氏末裔は今、刀を納めました。
備中勢より京都綾部市勢の塩尻姓が多いです。備中で帰農した塩尻氏は当主のみが備中に残った。京都綾部市の塩尻氏は長年の忠勤に「塩尻姓を貰った人も含まれるから多い」

書き込みの枠が小さく年寄りには書き込みに苦労した。全体文が見えないので。
【投稿日】2017/03/25 14:18:11 【投稿者】塩尻さん
國𠮷さん
栃木県にも存在
【投稿日】2017/03/25 08:29:10 【投稿者】彁さん
唐畑さん
旧姓が唐畑ですが、読みはカラハタです。そして、カラハタは名前は途絶える運命でしたが、祖父母が結婚するときに養子に。実際のカラハタの血筋はもういませんが、いとこ家族4人、実家に4人、親戚に1人いるのみです。
ちなみに女しか産まれてませんのでこの代で終わることは確実です。
【投稿日】2017/03/25 08:04:20 【投稿者】唐畑さん
このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

名字検索

みんなの名字の由来を入力するには、まず入力したい名字を検索してください。

*
 

 

スマホで名字由来netを使うなら、アプリがおすすめ!