【みんなの名字の由来】

ユーザーの皆様から寄せられた名字の情報を掲載しています。

「みんなの名字の由来」は各名字の検索結果ページから登録できます。
名字検索はこちらからどうぞ。

スポンサーリンク

平木さん
出身地は島根県東部で、読みはひらぎになります。
同じ名字のかたも何軒かありますが、由来は判然としません。
【投稿日】2017/02/22 12:38:26 【投稿者】Th;kyさん
さん
広島県広島市、父の代まで、鐵工所でした。
【投稿日】2017/02/22 12:07:52 【投稿者】鋼さん
大加戸さん
姫路藩(現・兵庫県姫路市)に多く見られ、姫路城主が羽柴秀吉であった頃から見られはじめた。
元来「加」には「力強い腕」という意味があり、「戸」は姫路城下町(外曲輪、戸曲輪)のことを表す。
これらから、姫路城下町を守衛する武士族であったことが由来とされる。
【投稿日】2017/02/22 00:40:56 【投稿者】てつさん
さん
たちと読みます。
愛知県津島市出身ですが、地元以外で見たことがないです。
【投稿日】2017/02/21 23:23:44 【投稿者】城さん
仮家さん
和歌山県東牟婁郡那智勝浦町浦神に起源を持ち、旧姓は浦上(ウラジョウ)で明治10年代まで神職の家系であった。 紀元前後に和歌山県紀ノ川市神領の海神社へ遷座された土産神浦上国津姫命(ウラジョウクニツヒメノミコト)に関わりがあると推定している。 同命のを祀る分社として「浦上神社(元宮)」がある。 その後「市杵島姫命(弁財天)」を土産神としてお祀りをした。 慶長地震・津波(1605年)かそれ以前の震災で、お社が損傷した折に修復されるまで「ご神体」浦上某家お預かりしたことから、地元では「ご神体のお仮家(かりや)」と呼称していた。 その呼称から「浦上某」は、「仮家某」に改姓したと伝えられている。 同地では元禄年間に塩竈六社大明神から「天鈿女命アマノウズメノミコト・事代主命コトシロヌシノミコト」を戴き、浦神塩竈神社を建立している(1689年:元禄2年)。 生業は広義に漁業であったが、源平の戦に関連した「南朝の臣、浦上氏戦果なく熊野に落ちる(1185年頃)」との文書があった(日本外史:頼山陽とも言われているが、原著を読んだことはない)。 なお、墓碑の一番古い墓碑は1695年(元禄8年)である。明治4年(1871年)の戸籍法制定以降の家系は、ハッキリしているが、それ以前は墓碑のみである。 ただ、1750年頃に分家した一族は把握出来ている。
【投稿日】2017/02/21 23:23:38 【投稿者】仮家さん
宝達さん
石川県羽咋(はくい)市宝達(ほうだつ)志水(しみず)町にある山や川がその名前なのでそこから来てるのではないかと思います。
【投稿日】2017/02/21 23:15:20 【投稿者】宝達さん
辨開さん
現北海道八雲町、アイヌの落部コタンの酋長であった「辨開凧次郎」が1876年、父ベンケイの名からつけた姓。弁開とも。
【投稿日】2017/02/21 22:46:19 【投稿者】卍郎さん
丹羽さん
家紋は揚羽蝶
【投稿日】2017/02/20 20:57:31 【投稿者】丹羽さん
神代さん
神代姓のうち、「くましろ」と読むものの解説です。肥前神代氏のルーツは、筑後国の高良大社の神官の神代氏だと言われてます。
その本家筋の者たちが佐賀に移ったのが肥前神代氏です。
筑後地方(旧筑後国)にも神代という姓は存在しますが、本当に血を継いでるか、そもそも本当に筑後に神代氏の一族が残ってるは定かではありません。
【投稿日】2017/02/20 20:21:40 【投稿者】神代さん
仲又さん
新潟県南魚沼市の出身で、庄屋として妬く700年前から続く家柄で、苗字・帯刀を許された古文書なども本家にはあるようです。
【投稿日】2017/02/20 19:30:40 【投稿者】仲又さん
このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

スポンサーリンク

名字検索

みんなの名字の由来を入力するには、まず入力したい名字を検索してください。

*
 

 

スマホで名字由来netを使うなら、アプリがおすすめ!