【名字】下毛野

【読み】しもつけの

【全国順位】 調査中
【全国人数】 調査中


【名字の由来解説】

関連姓に下毛などがある
このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る フォローする

最終更新:2024/04/19 01:44:43  最終更新者:匿名


下毛野さん有名人アクセスランキング TOP10

名前 生年月日 ジャンル 備考
下毛野 古麻呂 歴史 飛鳥時代後期の公卿
下毛野 石代 歴史 飛鳥〜奈良時代の貴族
下毛野 虫麻呂 歴史 奈良前期の貴族・文人
下毛野 根麻呂 727年 歴史 奈良時代の貴族
下毛野 公時 1000年 歴史 平安時代中期の官人、「金太郎」モデル
下毛野 根麻呂 歴史 奈良時代の貴族、朝臣、下野介
下毛野 稲麻呂 歴史 奈良中期〜後期の貴族
下毛野 多具比 歴史 奈良時代の貴族
※上記は直近一週間のアクセス数Top10です。すべての下毛野さん有名人は以下から確認できます。

※ランキングや人数、読み、解説などの名字データをご利用される場合は、「参考資料 名字由来net」「名字由来netより引用」「出典 名字由来net」などと記載、そしてURLへリンクしていただき、自由にご活用ください。
※引用元の記載なく無断での商用利用(ニュースサイト,Youtubeなどの動画,まとめサイトなど含みます)は利用規約に反するため、問い合わせ窓口にご連絡頂くか、又は「参考文献 名字由来net」のクレジット表記とURLリンクのご協力をよろしくお願いいたします。

下毛野さん みんなの名字の由来
崇神天皇皇子の豊城入彦命の後裔を称する皇別氏族で、「下毛野君(公)」のち「下毛野朝臣」姓を称した。
大化以後に中級貴族、10世紀以後は公家の下級武官として活躍した氏族。
国史には当初より朝廷に仕えた氏族として記載されており、大化以前の動向は明らかでない。元々は下毛野地域(現栃木県南西部)における豪族であったと推測されている。「毛野」とは古代の群馬県・栃木県南西部を指す地域名称であり、都に近い側を「上毛野」(上野国(現群馬))、遠い側を「下毛野」(後に那須を加え下野国(現栃木))とした。
『日本書紀』に第10代崇神天皇が皇子豊城命(豊城入彦命/豊木入日子命)に東国統治を命じたと記載するが、その豊城命について「上毛野君・下毛野君の祖」であると付記しており、また豊城入彦命がそれらの祖である旨は『古事記』にも記される。
平安時代初期の弘仁6年(815年)『新撰姓氏録』には下毛野朝臣について「崇神天皇皇子の豊城入彦命の後」と記載され、豊城入彦命の後裔を称する氏族は他にも多くあるが、下毛野朝臣のほか上毛野朝臣、大野朝臣、池田朝臣、佐味朝臣、車持朝臣の6氏族は「東国六腹朝臣」と総称し、毛野地域(群馬〜栃木南西部)出自の豪族としての共通点を持つ。
『続日本紀』に慶雲4年(707年)に下毛野石代が姓を「下毛野朝臣」から「下毛野川内朝臣」に変えたとあり、下野国河内郡と関係するとされる。また、『先代旧事本紀』「国造本紀」には、仁徳天皇代に豊城命四世孫奈良別が初めて下毛野国造に任じられたと記されているが、詳細は明らかでない。
毛野地域(群馬栃木南西部)には古墳時代に多くの古墳が築かれ、下毛野地域では、5世紀末〜6世紀に小山市北部にて最大規模の摩利支天塚古墳(墳丘長121メートル)、琵琶塚古墳(123メートル)が築かれている。
またやや北方の壬生町南部に、両古墳とは性格の異なる「下野型古墳」と呼ばれる独特の前方後円墳群が築かれ、これら下野型古墳が下毛野氏一族の墓と解されている。古墳群は山王塚古墳(6世紀末〜7世紀初頭)まで続いたのち、円墳に変化するため、この頃にヤマト王権による東国支配が完了し、下毛野氏一族は中央に移転したと考えられている。
古墳群北東の下野薬師寺は下毛野古麻呂による氏寺として建立と伝わる。古墳群付近には下野国庁や下野国分寺・国分尼寺も建立されており、下野国の行政的な中心地であり続けたと考えられる。
飛鳥時代以降は、天武天皇13年(684)11月、八色の姓制により他の52氏とともに「下毛野朝臣」姓が授けられた。
下毛野古麻呂が特に名高く、『大宝律令』撰定に従事したことが知られる。また大学助教であった下毛野虫麻呂が『懐風藻』に漢詩を残しているように、奈良時代頃までは学者を輩出していた。以後は中央の中・下級貴族にとどまり、10世紀以降近衛府舎人や院摂関家随身としての活躍が見られる。摂関家とは藤原道長の頃から結びつきを強め、家人として供奉・警固の任にあたった。馬術・鷹飼・舞楽・調理に優れ、厩所・随身所・雑色所の長を務め、荘園の管理まで任されている。その後も山城国乙訓郡の調子荘を本領として任にあたっていたが、室町時代中期以降衰退。
左右近衛府地下官人の調子家・富家が下毛野姓を称し、江戸時代を通じて存続した。宇都宮氏など下野地域の在地社家・武家に後裔と推測される氏族もみられる。一説に民話「金太郎」モデルとなった下毛野公時は、近衛舎人、番長を務め、藤原道長の随身として仕えたという。
【投稿日】2024/04/19 01:42:50
【投稿者】匿名さん
みんなの名字の由来 投稿
「みんなの名字の由来」に書きこむには、ログインが必要です。
 
下毛野さん みんなの家紋のはなし
まだ下毛野さんの「みんなの家紋のはなし」がありません。

 

※名字の順位・人数は2024年4月時点の政府発表統計および全国電話帳データを元にルーツ製作委員会が独自に算出したものです。
※名字由来netは政府発表統計や独自調査により得られたデータから、日々変化する日本人の名字の人数を日本で唯一算出しております。
※名字の推計人数は四捨五入して掲載しているため、各都道府県の合計人数と全国人数は一致しない場合があります。また、推計人数が少ない名字につきましては、一律「およそ10人」としています。
※名字の専門企業が算出している日本唯一の名字オリジナルデータですので、ご利用になりたい法人様やマスコミの方々はこちらよりお気軽にご相談ください。

※解説欄に「詳細不明」等と記載されている場合でも、「読み」や「有名人情報」が更新された際「新着・更新」名字欄に掲載されます。

※名字の情報を欲しい方は「情報求む」ボタンを押してください。「情報求む」欄には最新10件のみ表示されますので、定期的に確認いただき更新されることをお勧めします。
名字について詳しい情報をお持ちの方は、「名字の情報を送る」より名字の情報をお書きのうえ、送信ください。お送りいただいた情報はルーツ製作委員会にて精査し、名字の解説として掲載させていただくことがあります。

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る フォローする

名字検索

次に検索したい名字を入力してください。

*
 

最近検索された名字

鷲澤  明神  五条  佐野  花鳥賊  神奈川  舩橋  峯野  若山  眞崎  岩茸  舟嵜  舘岡  外枦保  三浦  葉口  法柏  宝松    伊崎  切中  久木田  猪熊  吉直  西光  福和田  小畑  宅島  山碕  七五三掛  富岡    新井  廣畑  金森  中瀬  中塚  由井  馬場  高地  和仁  大土  森岡  秦泉寺  渦原  越知  羽柴  的射  久保渕  一又  本間  川鈴木  常松  太田  賦句  猪岡  梨子  安達  與齊  光用  七草  宝積  矢狹  平蔵  力武  放生  石戸  美谷島  今塩屋  白石  城木  小蔵崎  三ツ矢  飯干  浪方  梅川  下高  真栄城  保木野  久米村  猪又  熊本  鈴川  門山    足永  瀬田松  天羽  西村  門澤  荒内  前川  越智  観音  平元  青澤  妻神  松七五三  二所宮  環野 


家紋検索

調べたい家紋の名前や戦国武将・大名の名字を入力してください。

 
 


 

約30万種あるとされる日本人の名字の中で
5月20日最も幸運な名字はこちら
名字別の運勢はこちら

当サイトは多くのユーザー様に広くご自分や身近な方の名字の由来を知って頂くことを目的としておりますので、「情報の流用や加工を目的とした不正なアクセス」「他の文献等の内容を無断転載する」「不正なIPアドレス」 「同一人物が他人を装い、いくつものアカウントを使用し、不正なアクセスや当サイトに混乱をきたすような行為」「他サイトなどで根拠のない誹謗中傷などが発見された場合」 など左記はごく一部ですが、利用者に混乱をきたすと判断された場合は、データ保護の観点により、アクセス禁止措置、更に迷惑行為と判断し、法的措置を取らせていただく場合がございますので、ご了承ください。
取材等につきましてはこちらからご連絡ください。

名字検索

次に検索したい名字を入力してください。

*
 

 

300万ダウンロード突破!! スマホで名字由来netを使うなら、アプリがおすすめ!