【名字】川口

【読み】かわぐち

【全国順位】 119位
【全国人数】 およそ155,000人


【名字の由来解説】

①現東京都、埼玉県広域、神奈川県北部である武蔵国多摩郡川口郷が起源(ルーツ)である。
②日奉姓西党。
③現福島県である岩代国大沼郡より起こる山内氏流。
④源・平・藤原の様々な流派がみられる。

長崎県、和歌山県に多くみられる。
続きはこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る フォローする

最終更新:2018/09/18 08:01:30  最終更新者:KAYAMA


※ランキングや人数、読み、解説などの名字データをご利用される場合は、「参考資料 名字由来net」「名字由来netより引用」「出典 名字由来net」などと記載、そしてURLへリンクしていただき、自由にご活用ください。
※引用元の記載なく無断での商用利用(ニュースサイト,Youtubeなどの動画,まとめサイトなど含みます)は利用規約に反するため、問い合わせ窓口にご連絡頂くか、又は「参考文献 名字由来net」のクレジット表記とURLリンクのご協力をよろしくお願いいたします。

川口さん みんなの名字の由来
祖母が川口で熊本出身でお手伝いさんがついてるお嬢様育ちで有りました。大正産まれ。戦前以降に祖父と結婚。祖父方は熊本藩。川口姓、又、近い身内も熊本藩士だった可能性がかなり高く、家紋は桜家紋で有りました。明治には祖父は土佐へ移動し、明治時代の結婚関係は祖祖母が小森氏と移動した吉村姓でみよじが江戸時代から使われていて、小森氏は土佐藩上士であった事からやはり土佐藩士であった家系かと。
【投稿日】2018/12/22 09:46:27
【投稿者】海さん
武蔵国多摩郡川口郷の川口氏の詳細については、以下の書籍に詳しく記載されております。 川口 實 著 『八王子今昔物語 その伝承と人の往来』
【投稿日】2018/03/01 15:03:35
【投稿者】toomaさん
みんなの名字の由来 投稿
「みんなの名字の由来」に書きこむには、ログインが必要です。
 
川口さん みんなの家紋のはなし

【都道府県】香川県

こんにちは。 画像の家紋は母方お墓のものです。

【投稿日】2017/12/06 08:37:41 【投稿者】川口さん

 

※名字の順位・人数は2019年3月時点の政府発表統計および全国電話帳データを元にルーツ製作委員会が独自に算出したものです。
※名字由来netは政府発表統計や独自調査により得られたデータから、日々変化する日本人の名字の人数を日本で唯一算出しております。
※名字の推計人数は四捨五入して掲載しているため、各都道府県の合計人数と全国人数は一致しない場合があります。また、推計人数が少ない名字につきましては、一律「およそ10人」としています。
※名字の専門企業が算出している日本唯一の名字オリジナルデータですので、ご利用になりたい法人やマスコミの方々はこちらよりお気軽にご相談ください。

※解説欄に「詳細不明」等と記載されている場合でも、「読み」や「有名人情報」が更新された際「新着・更新」名字欄に掲載されます。

※名字の情報を欲しい方は「情報求む」ボタンを押してください。「情報求む」欄には最新10件のみ表示されますので、定期的に確認いただき更新されることをお勧めします。
名字について詳しい情報をお持ちの方は、「名字の情報を送る」より名字の情報をお書きのうえ、送信ください。お送りいただいた情報はルーツ製作委員会にて精査し、名字の解説として掲載させていただくことがあります。

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る フォローする

名字検索

次に検索したい名字を入力してください。

*
 

最近検索された名字

島山  知久  瀧本  土御門  水牧      団上  井上  島貫  東風平  和泉  砂長谷  石躍  帆引  一番合戦  法田  蟋蟀  森村  渡邉    七五三木  荒薦  北原  島上  石埼  尾道  星崎  南舘  松前  佐藤  南埜  餘澤  廣地  矢数  木都老  桑折  徳永  熊見  江本  勅使河原  稀代  早高        摺河  戀塚  忠政  畑澤  姨嶋  伊與田  躑躅森  河野  米浪  光英  小石  有光  藤吉  秋好  湯浅崎  西場  小田野    珍行  常世田  寺田  古谷  久保秋  隈部  神宮寺  小四郎丸  角貝  千尺  木島    少数  吾郷  疋野  相見  枝川    明珍  篦伊  中禮  老久保  芝田    櫻井  勝木  長谷  上村  戎家  山須田  八峠  淀江  犬童  藤居  大源  喜多 


家紋検索

調べたい家紋の名前や戦国武将・大名の名字を入力してください。

 
 


 

約30万種あるとされる日本人の名字の中で
4月24日最も幸運な名字はこちら
名字別の運勢はこちら

当サイトは多くのユーザー様に広くご自分や身近な方の名字の由来を知って頂くことを目的としておりますので、「情報の流用や加工を目的とした不正なアクセス」「他の文献等の内容を無断転載する」「不正なIPアドレス」 「同一人物が他人を装い、いくつものアカウントを使用し、不正なアクセスや当サイトに混乱をきたすような行為」「他サイトなどで根拠のない誹謗中傷などが発見された場合」 など左記はごく一部ですが、利用者に混乱をきたすと判断された場合は、データ保護の観点により、アクセス禁止措置、更に迷惑行為と判断し、法的措置を取らせていただく場合がございますので、ご了承ください。
取材等につきましてはこちらからご連絡ください。

名字検索

次に検索したい名字を入力してください。

*
 

 

300万ダウンロード突破!! スマホで名字由来netを使うなら、アプリがおすすめ!