【名字】椎葉

【読み】しいば,しいは,しいのは,よしば,つちば,つちは

【全国順位】 1,746位
【全国人数】 およそ9,000人


【名字の由来解説】

①現福島県東半と宮城県南部である磐城国標葉郡が起源(ルーツ)である。
②桓武天皇の子孫で平の姓を賜った家系である平氏(桓武平氏)岩城氏流がある。
③ほか現宮崎県である日向国臼杵郡椎葉村が起源(ルーツ)といわれる。
このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る フォローする

最終更新:2018/09/20 08:06:10  最終更新者:名字由来net


※ランキングや人数、読み、解説などの名字データをご利用される場合は、「参考資料 名字由来net」「名字由来netより引用」「出典 名字由来net」などと記載、そしてURLへリンクしていただき、自由にご活用ください。
※引用元の記載なく無断での商用利用(ニュースサイト,Youtubeなどの動画,まとめサイトなど含みます)は利用規約に反するため、問い合わせ窓口にご連絡頂くか、又は「参考文献 名字由来net」のクレジット表記とURLリンクのご協力をよろしくお願いいたします。

椎葉さん みんなの名字の由来
壇之浦の戦いで惨敗した平家の一行は、深い山奥へと逃げ込み、椎葉へとたどり着きました。
しかしやがて源氏の知るところとなり、追い打ちの命を受けた那須大八郎宗久(当時22)は軍勢を率いて椎葉を目指します。

ようやく辿りついた谷間の僻地で那須大八郎が見たものは、農民として健気に生きる平家の残党の姿でした。大八郎は追討を断念し、幕府には偽りの報告をして、この地に屋敷を構えます。

やがて鶴富姫と出会い恋をしますが、大八郎は幕府の命により兵を連れて都に戻ることになります。鶴富姫はお腹に子を宿していました。
【投稿日】2016/11/26 16:23:24
【投稿者】信次郎さん
戦国時代には椎葉三人衆(向山城、小崎城、大河内城の那須氏)と呼ばれる豪族が支配していた。1618年(元和4年)、那須氏の間で対立が激化。1619年(元和5年)、幕府は阿倍正之、大久保忠成を派遣して事態の収拾を図らせた。徳川実紀によると住民1000人が捕らえられ140名が殺害されたという(椎葉山騒動)。以降、天領となり1656年(明暦2年)隣接する人吉藩の預かり地となった。

伝承としては、壇ノ浦の戦いで滅亡した平氏の残党が隠れ住んだ地の1つとされ、平美宗や平知盛の遺児らが落ち延びてきたという。那須氏はその出自ではないかともいわれる
【投稿日】2016/09/13 14:45:05
【投稿者】信次郎さん
みんなの名字の由来 投稿
「みんなの名字の由来」に書きこむには、ログインが必要です。
 
椎葉さん みんなの家紋のはなし
まだ椎葉さんの「みんなの家紋のはなし」がありません。

 

※名字の順位・人数は2018年3月時点の政府発表統計および全国電話帳データを元にルーツ製作委員会が独自に算出したものです。
※名字由来netは政府発表統計や独自調査により得られたデータから、日々変化する日本人の名字の人数を日本で唯一算出しております。
※名字の推計人数は四捨五入して掲載しているため、各都道府県の合計人数と全国人数は一致しない場合があります。また、推計人数が少ない名字につきましては、一律「およそ10人」としています。
※名字の専門企業が算出している日本唯一の名字オリジナルデータですので、ご利用になりたい法人やマスコミの方々はこちらよりお気軽にご相談ください。

※解説欄に「詳細不明」等と記載されている場合でも、「読み」や「有名人情報」が更新された際「新着・更新」名字欄に掲載されます。

※名字の情報を欲しい方は「情報求む」ボタンを押してください。「情報求む」欄には最新10件のみ表示されますので、定期的に確認いただき更新されることをお勧めします。
名字について詳しい情報をお持ちの方は、「名字の情報を送る」より名字の情報をお書きのうえ、送信ください。お送りいただいた情報はルーツ製作委員会にて精査し、名字の解説として掲載させていただくことがあります。

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る フォローする

戦国村を作ろう2事前登録はこちら

名字検索

次に検索したい名字を入力してください。

*
 

最近検索された名字

堯部  小谷  藏田  田代  秋嶺  笹栗  佐敷  七五三  桜花  挽地  楡井  宇田山  見保  野又  南城  大聖寺谷  長船  高鍋  関川  松原  末行  燕昇司  亀川  川俣  高橋  杉塚  井伊  経塚  綾小路  宮下  合屋  城間    春菜  早稲    毛戸  六間口  櫻井  上保  駒宮  見当  元好  浦地  溝橋  地主園  遅野井  浦川  大輝    城能  上茶谷  芳我  梅津  平林  山下  上田平  岳下  大給  諸見  大牟禮  市川  饗庭  藤間  関崎  巴山  内山  伊海田  周田  垣内  飯山  重山  阪神  見邨  尻無濱  井出  上別府  田沢  薮口  日紫喜  天竺桂  多代田  習田  長屋  田形  正川  小森谷  廣瀬  杉山  七五三木  君ケ袋  幾世橋  勅使河原  大梛    鴛渕  舘田  戸邉  八木下   


家紋検索

調べたい家紋の名前や戦国武将・大名の名字を入力してください。

 
 


 

約30万種あるとされる日本人の名字の中で
11月15日最も幸運な名字はこちら
名字別の運勢はこちら

当サイトは多くのユーザー様に広くご自分や身近な方の名字の由来を知って頂くことを目的としておりますので、「情報の流用や加工を目的とした不正なアクセス」「他の文献等の内容を無断転載する」「不正なIPアドレス」 「同一人物が他人を装い、いくつものアカウントを使用し、不正なアクセスや当サイトに混乱をきたすような行為」「他サイトなどで根拠のない誹謗中傷などが発見された場合」 など左記はごく一部ですが、利用者に混乱をきたすと判断された場合は、データ保護の観点により、アクセス禁止措置、更に迷惑行為と判断し、法的措置を取らせていただく場合がございますので、ご了承ください。
取材等につきましてはこちらからご連絡ください。

名字検索

次に検索したい名字を入力してください。

*
 

 

300万ダウンロード突破!! スマホで名字由来netを使うなら、アプリがおすすめ!