【名字】七尾

【読み】ななお,しちお,しちび

【全国順位】 4,694位
【全国人数】 およそ2,300人


【名字の由来解説】

石川県七尾市がルーツのひとつ。北海道、秋田県山本二ツ井町、青森県などに多数みられる。アイヌ語で「いくつもの川」が語源ともいわれる。
このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る フォローする

最終更新:2019/11/10 01:32:10  最終更新者:Kodama


七尾さんの多い地域 TOP5

都道府県人数
北海道 およそ410人
秋田県 およそ360人
東京都 およそ350人
神奈川県 およそ270人
埼玉県 およそ170人
市区町村人数
秋田県能代市 およそ180人
秋田県秋田市 およそ80人
秋田県横手市 およそ70人
青森県青森市 およそ70人
北海道函館市 およそ40人

七尾さんの比率が多い地域 TOP5

都道府県比率
秋田県 0.03592%
青森県 0.01189%
北海道 0.00773%
石川県 0.00525%
神奈川県 0.00301%
市区町村比率
北海道利尻郡利尻町 0.873%
北海道山越郡長万部町 0.829%
北海道積丹郡積丹町 0.436%
秋田県能代市 0.344%
東京都小笠原村 0.343%
※詳細は地図またはリンクをクリック

七尾さん有名人アクセスランキング TOP10

名前 生年月日 ジャンル 備考
七尾 藍佳 1978年 5月 26日 その他
七尾 旅人 1979年 8月 20日 音楽家 シンガーソングライター
※上記は直近一週間のアクセス数Top10です。すべての七尾さん有名人は以下から確認できます。

※ランキングや人数、読み、解説などの名字データをご利用される場合は、「参考資料 名字由来net」「名字由来netより引用」「出典 名字由来net」などと記載、そしてURLへリンクしていただき、自由にご活用ください。
※引用元の記載なく無断での商用利用(ニュースサイト,Youtubeなどの動画,まとめサイトなど含みます)は利用規約に反するため、問い合わせ窓口にご連絡頂くか、又は「参考文献 名字由来net」のクレジット表記とURLリンクのご協力をよろしくお願いいたします。

七尾さん みんなの名字の由来
苗字が七尾(ななお)です。あまり無い苗字なのでルーツが気になり、調べていました。 直系は七尾ではないですが、父方の高祖父の時代に養子で七尾姓を受け継ぎ、現在まで来ています。父方の祖母の話だと、京都から出て、石川を経由し、現在の男鹿半島あたりに来たのでは?と言っていました。京都には、「七尾鳥」という地名があり、京都唯一の村らしいです。祖母の伝承も否定は出来ないかもしれないと思っています。熱海には「七尾たくあん」があります(多分関係ない)。 戸籍調査を行い、自分の先祖の名前を知りました。書籍を色々調べてみると「秋田名誉鑑 : 一名・秋田県直接国税拾五円以上納税名鑑.  第6回改正再版」の182ページに平鹿郡横手町の納税者名の記載があり、そこに私の先祖の名前がありました。直系の先祖の名前や戸籍に載っている親戚の名前もあり興味深かったです。 七尾姓に関する他の書籍を紹介します。「太田亮 著 姓氏家系大辞典. 第3巻」には「能登に七尾邑、七尾城等あり、関係あるか」と記載あり。「石川県姓氏歴史人物大辞典」には「加賀藩士に七尾氏がある。明治初年、七尾銅次郎宣文(五〇石)、その子逸太郎宣哲(五〇石)がおり、菩提寺は乗善寺。また七尾甚太夫の子初三郎則一(二人扶持)がおり、菩提寺は等願寺(先祖由緒)」と記載あり。「日本名字家系大事典 森岡浩」には「能登国七尾(石川県七尾市)発祥。江戸時代は加賀藩氏となる。現在は秋田県に多い」とあります。要するにこれらの資料から、①石川県の七尾地域が発祥であり、②江戸時代の加賀藩士にいたこと、③現在は秋田に多いということです。私の父は秋田であることも一致します。 戸籍調査では、七尾以外にも、松田、小松、佐藤、大石、前田、大友、進藤、竹村、越後谷、茂木、鈴木、斎藤、藤田の血が私を構成していることが分かりました。このサイトの数字を使うと、小松、大友、進藤、越後谷、茂木、斎藤、藤田が他県と比較し住んでいる人の割合が多いそうです。 私も自分の苗字に関して色々知りたいので、わかる方がいらっしゃいましたら、ここに情報を載せてくださると助かります。
【投稿日】2022/03/23 20:05:09
【投稿者】まるこさん
七尾といいます(笑)
今は亡き父がルーツ探しみたいのをして、戸籍を遡っていったら、能登半島の七尾市出身のチョウという名字にたどり着き、そこから先はわからなくなり、「七尾の系図をチョウが買ったのかもなあ」等と中学生の自分にはチンプンカンプンな事を話していました。

さて最近、世界史の本を呼んでいて、ロシア語のセミレチエというのが、「七つの川」という意味で、それを指す川があるあたり(今のカザフタスタン付近)は古来文化的に水準の高い地域で、さて、七尾というのはアイヌ語で「七つの川(あるいは、沢山の川)」の意味らしい、、
また、現在の七尾市に七尾姓はほぼいないらしい、、

ということで、私が考える七尾のルーツは、能登地方にユーラシア大陸から移住してきた一団が、現在の七尾市にユーラシアの故郷の地にちなんで大和言葉(アイヌ語)で七つの川を意味する「七尾」を用いた。後年、その一団が何らかの勢力争いで地を追われ、その一団それぞれが「七尾」という姓を名乗った、というものです。
(現在の七尾姓が北海道、青森、秋田、に圧倒的に多く、古代扶桑国と呼ばれた一帯であるのが何か不思議です。)

歴史に詳しい方のご意見を拝借したいです。
よろしくお願いいたします。
【投稿日】2019/03/20 19:20:29
【投稿者】たこしさん
みんなの名字の由来 投稿
「みんなの名字の由来」に書きこむには、ログインが必要です。
 
七尾さん みんなの家紋のはなし
まだ七尾さんの「みんなの家紋のはなし」がありません。

 

※名字の順位・人数は2022年3月時点の政府発表統計および全国電話帳データを元にルーツ製作委員会が独自に算出したものです。
※名字由来netは政府発表統計や独自調査により得られたデータから、日々変化する日本人の名字の人数を日本で唯一算出しております。
※名字の推計人数は四捨五入して掲載しているため、各都道府県の合計人数と全国人数は一致しない場合があります。また、推計人数が少ない名字につきましては、一律「およそ10人」としています。
※名字の専門企業が算出している日本唯一の名字オリジナルデータですので、ご利用になりたい法人やマスコミの方々はこちらよりお気軽にご相談ください。

※解説欄に「詳細不明」等と記載されている場合でも、「読み」や「有名人情報」が更新された際「新着・更新」名字欄に掲載されます。

※名字の情報を欲しい方は「情報求む」ボタンを押してください。「情報求む」欄には最新10件のみ表示されますので、定期的に確認いただき更新されることをお勧めします。
名字について詳しい情報をお持ちの方は、「名字の情報を送る」より名字の情報をお書きのうえ、送信ください。お送りいただいた情報はルーツ製作委員会にて精査し、名字の解説として掲載させていただくことがあります。

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る フォローする

名字検索

次に検索したい名字を入力してください。

*
 

最近検索された名字

麋山  買手屋  茂垣  吉文字  安保  破入  三鼓  龍舎  武衛  柏良  亀苔  切明畑  寳龍  和谷  恩田  三力谷  猶塚  玉森  田﨑  小嶋  金廣  小口  宇賀神  徳満  伯耆原  草薙  作野  手捲      笹元  石林  金城    宿田  戒能  亘鍋  五辺  平井名  澤埜  三宅  龍造寺  裏部  乙瀬  中井川  賀畑  小門  但木  西村  姉帯  庵藤  熊木  都瑠  長翁  鎮田  大櫛  礼堂  白寒水  岩瀨  毛木  浜道  安西  外筬  名嘉原  大根原  奥宮  羽尻  篠原  泰楽  永通  蓮川  花戸  山田  名小路谷  草信  緒方  永山  規工川  澤嶋  我妻  伯耆田  見潮  山羽  請井  向洞  延武  寒郡  財津  菊矢  幽谷  敷樋  鎗野目  船波  倉見    柿ノ迫  松良  突元  前本  佐郷 


家紋検索

調べたい家紋の名前や戦国武将・大名の名字を入力してください。

 
 


 

約30万種あるとされる日本人の名字の中で
8月16日最も幸運な名字はこちら
名字別の運勢はこちら

当サイトは多くのユーザー様に広くご自分や身近な方の名字の由来を知って頂くことを目的としておりますので、「情報の流用や加工を目的とした不正なアクセス」「他の文献等の内容を無断転載する」「不正なIPアドレス」 「同一人物が他人を装い、いくつものアカウントを使用し、不正なアクセスや当サイトに混乱をきたすような行為」「他サイトなどで根拠のない誹謗中傷などが発見された場合」 など左記はごく一部ですが、利用者に混乱をきたすと判断された場合は、データ保護の観点により、アクセス禁止措置、更に迷惑行為と判断し、法的措置を取らせていただく場合がございますので、ご了承ください。
取材等につきましてはこちらからご連絡ください。

名字検索

次に検索したい名字を入力してください。

*
 

 

300万ダウンロード突破!! スマホで名字由来netを使うなら、アプリがおすすめ!