【名字】藤原

【読み】ふじわら,ふじはら,とうばら,ふぢわら,ふしはら,ふじばら,ふぢはら,とうはら,くずはら

【全国順位】 48位
【全国人数】 およそ289,000人


同姓同名検索はこちら
藤原さんと相性のいい座席を診断!
藤原さんと気になるあの人の相性を診断!
個別に家系図を知りたい方はこちら
スマートフォン専用の検索はこちら
藤原さんプレミアム会員とは
すでにプレミアム会員の方へ

【名字の由来解説】

中臣鎌足が天智天皇より賜ったことに始まる氏(藤原氏)。特に北家の族葉が広がる。
藤原式家としては、藤原秀郷流、藤原利仁流がもっとも広まる。
③また各地の藤原という地名が起源(ルーツ)である。
④最も古代藤原氏も大和国高市郡の地名であったとされる。
⑤他にも、藤原部(ふじわらべ)から起ったもの、各地の藤原という地名から起った藤原姓もある。
⑥備前国に藤原郷あり。允恭天皇が皇妃衣通姫を妃とし藤原宮を建て、住まわせる。その後、藤原部を定め、由来のひとつ。

関家鎌倉時代以降は姓の藤原から邸宅のある京の地名等に由来し、
大宮万里小路中御門近衛鷹司九条三条二条一条、といった
名字に派生する。
多くは藤系の家紋。他に牡丹、笹りんどう、菱など。
続きはこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る フォローする

最終更新:2024/05/19 21:44:26  最終更新者:匿名


藤原さんの多い地域 TOP5

都道府県人数
兵庫県 およそ44,100人
大阪府 およそ34,800人
岡山県 およそ22,000人
東京都 およそ18,700人
広島県 およそ13,500人
市区町村人数
岡山県岡山市 およそ7,200人
岡山県倉敷市 およそ5,500人
大阪府和泉市 およそ4,500人
兵庫県姫路市 およそ3,900人
兵庫県西脇市 およそ3,800人

藤原さんの比率が多い地域 TOP5

都道府県比率
岡山県 1.19906%
島根県 1.03591%
秋田県 0.95172%
岩手県 0.94336%
兵庫県 0.82591%
市区町村比率
兵庫県神崎郡神河町 16.677%
島根県仁多郡奥出雲町 9.562%
兵庫県西脇市 9.464%
高知県吾川郡仁淀川町 7.618%
鳥取県日野郡江府町 5.689%
※詳細は地図またはリンクをクリック

藤原さん有名人ランキング TOP10

名前 生年月日 ジャンル 備考
藤原 利仁 歴史 平安前期の貴族・武将、藤原北家魚名流利仁流祖
藤原 恭大 2000年 5月 6日 スポーツ選手 千葉ロッテマリーンズ
藤原 忠実 1078年 5月 12日 歴史 平安後期〜末期の公卿、藤原北家師通長男
藤原 丈一郎 1996年 2月 8日 芸能人 なにわ男子
藤原 基央 1979年 4月 12日 音楽家 BUMP OF CHICKEN
藤原 道長 歴史 平安初期の貴族、藤原南家乙麻呂流
藤原 頼通 992年 歴史 平安中期〜後期の公卿、歌人、わ藤原北家道長長男
藤原 紘通 1985年 1月 15日 スポーツ選手 野球
藤原 樹 1997年 10月 20日 芸能人 ダンサー
藤原 広就 歴史 戦国時代の武将、厳島神主家当主
※上記は直近一週間のアクセス数Top10です。すべての藤原さん有名人は以下から確認できます。

※ランキングや人数、読み、解説などの名字データをご利用される場合は、「参考資料 名字由来net」「名字由来netより引用」「出典 名字由来net」などと記載、そしてURLへリンクしていただき、自由にご活用ください。
※引用元の記載なく無断での商用利用(ニュースサイト,Youtubeなどの動画,まとめサイトなど含みます)は利用規約に反するため、問い合わせ窓口にご連絡頂くか、又は「参考文献 名字由来net」のクレジット表記とURLリンクのご協力をよろしくお願いいたします。

藤原さん みんなの名字の由来
藤原氏の「蔵人(藏人)」名について
律令制下の百官名の一つに「蔵人」(くらうど)がある。これは人名にも使われこの場合は「くらんど」と読みます。蔵人は天皇の秘書官等を職務としたようです。
人名として使用する時に「氏蔵人」があります。藤原氏の流れなら「藤蔵人」、源氏なら「源蔵人」と名乗る者が居りました。
藤原氏族の場合の例としては、「緒方藤蔵人惟照」「桑名藤蔵人」がある。省略した形では「成瀬隼人藤蔵正義」と「人」が省かれている。(入れると人の字が2字続くことになるから)
常陸国(茨城県)に瓜連城(うりづらじょう)があり南朝方の「楠木正家」の築城。南朝方と北朝方の戦いとして「瓜連城の戦い」は有名です。常陸古記録ではこの正家の通称は「蔵人正家」「左近蔵人」でした。この楠木家の出自は橘氏と言われています。以上ご参考まで。
【投稿日】2023/05/28 08:49:40
【投稿者】勝胤さん
鎌倉幕府の将軍について
鎌倉幕府将軍の中に藤原姓の将軍が二人おりました。初代源頼朝、二代源頼家、三代源実朝は有名ですが鎌倉幕府の将軍は、幕府滅亡の元弘三年(1333年)まで九代続きます。四代は「藤原頼経」、五代「藤原頼嗣」以下は宗尊親王ー惟康親王ー久明親王ー守邦親王となります。
「藤原頼経」は、頼朝の姪の孫。出自は、「摂家 藤原北家 九条道家の三男九条頼経」です。摂家将軍と呼ばれました。「藤原頼嗣」は、頼経の子です。
【投稿日】2023/05/04 07:14:14
【投稿者】勝胤さん
藤原弘綱は、別名「佐野藤三」と称した。小弓公方足利義明に奏者番として仕えた。足利義明討死後は、安房国(千葉県南部)の里見氏を頼り落ち延びています。佐野姓は、佐野庄の春日岡城(佐野城)に由来する。場所は、下野国阿蘇郡佐野(栃木県佐野市若松町)です。
佐野姓については別に「土岐一族常陸国江戸崎城の重臣「佐野十郎」は、鹿島氏を攻めるに支城の林城を任され侍大将となり林右京を討つ」とあります。関連投稿に「吉田、林、土岐、山来」があります。 
【投稿日】2023/04/26 14:35:54
【投稿者】勝胤さん
私の実家町内に白波さんが居られる。(千葉県香取市)ご先祖は香取神宮に関係していたそうです。藤原氏の流れと話されていた。
【投稿日】2023/04/21 07:39:18
【投稿者】勝胤さん
母方の遠戚に「朝比奈」さんが居る。香取市佐原にお住まいです。ご先祖は、藤原北家の流れ「朝比奈昌親 新九郎藤原昌親」(1560~1602)です。甲斐武田家の家臣から徳川家臣になり江戸時代は水戸徳川家の家臣を代々勤めたそうです。
【投稿日】2023/04/20 05:58:14
【投稿者】勝胤さん
結城氏と藤原氏の関係について
鎌倉時代から戦国時代にかけて下総国、下野国、常陸国と広く武勇を馳せた結城氏の出自は、藤原北家藤原秀郷の末孫「小山朝光」が源頼朝の挙兵に従いその功により下総国結城郷を与えられ「結城朝光」と称し結城氏の氏祖となったとあります。
この「結城朝光」には源頼朝の御落胤説が家伝として伝えられており代々当主の通字である「朝」も頼朝公からとしている。また結城氏の名跡は江戸時代も続くが伝統的に源氏を称している。ここで気になるのは、本人の出自優先か家名(藤原一族、小山家流れ)のどちらかを採るかで変わる事です。結城氏発祥からお血筋で源氏という事かも知れません。しかしながら興味深い事実もあります。
結城氏16代当主「結城政勝公」(1503~1559)の戒名は「乗国寺(安穏寺)殿大雲藤長」です。合掌 
【投稿日】2023/04/17 10:21:00
【投稿者】勝胤さん
狩野探幽で有名な絵師の狩野家も藤原氏の流れです。藤原南家工藤茂光の子「狩野宗茂」が氏祖。
祖母の家「国分斎藤家」の十四代目「斎藤吉左衛門紀道公」の絵姿が遺っており「狩野則信筆」と書かれています。酒井家の御用絵師と思われます。時代は、安政年間頃(1854年~)に書かれたものです。
【投稿日】2023/04/12 15:43:27
【投稿者】勝胤さん
私の母の実家は、「山来家」といいますが江戸時代以前は、「一条鷹司土岐家」でした。土岐嫡流土岐頼康公の妹「一条鷹司本誓院様」を土岐同族の康継公が妻に迎え「一条鷹司土岐家」を興しました。このため私は藤原氏の流れについて調べています。(詳しくは名字の由来投稿 山来 磯山にあります。)
【投稿日】2023/04/12 09:37:55
【投稿者】勝胤さん
名字の由来で検索しましたら「輝東」さんが居りました。藤原氏と関係するようです。また「輝」の着く姓は大阪に多いですね。 
【投稿日】2023/03/31 08:37:11
【投稿者】勝胤さん
下総国千田庄(千葉県多古町)域内の地名由来の姓は、千葉氏一族と藤原氏末裔に多く観られます。その中で不明な地名が1つあります。千葉県香取郡多古町の「東輝」(とうき)です。千葉一族にはこの地名を名乗る方は居りませんので藤原氏の末裔の方に関係するものと考えています。
以前「東輝庵」という寺名や「東輝荘」という名前を千葉県外で聞いた覚えがあります。こちらはこの多古町由来と思います。
「東輝」は、東暉、藤輝と変化したとも思えます。情報をお持ちの方はお知らせください。
【投稿日】2023/03/31 08:03:21
【投稿者】勝胤さん
藤原秀郷流れに「伊藤氏」が居られます。伊藤氏と藤原氏の関係を示すものとして興味深いので紹介します。
下総国葛飾郡上桐ケ谷村にある板碑(板状の墓石:供養塔等)に以下の碑文が記されている。
「嘉暦3年1月20日(1328)下総国勝鹿郡上桐ケ谷村 伊藤名界義一郎藤原長久建之」
=2字名記載は別人とも捉えられるが本姓の藤原を後に書いているので「名乗り」と考えると同一人と思います。もし同一人と考えると墓石ですから2字名記載により後世の人に自身の出自を誇りとして残していることになりますね。皆さんの解釈は如何でしょうか?
なお「藤原長久」の名前は、鹿児島県史「薩摩国、山田文書」に「藤原長久起請文」として出て来ます。但しこちらは永享2年(1430)ですので102年後の方でした。
【投稿日】2023/03/30 19:24:15
【投稿者】勝胤さん
千葉県の藤原氏について(追記)
藤原北家師実(花山院)の嫡流「花山院師信」の二男「花山院藤原師賢卿(1301~1332)」は、後醍醐天皇に仕え大大納言となっている。後に元弘の乱(1331)により罪を問われ下総国に遠流となり「千葉貞胤」に預けられたが病によりこの地で没している。慰霊のための「小御門神社」が千葉県成田市滑川にあります。
【投稿日】2023/03/29 11:41:24
【投稿者】勝胤さん
千葉県の藤原氏について
南家藤原黒麻呂(大同5年没:810年)は、上総国藻原庄(千葉県茂原市)を墾いた。その子藤原春継は、所領を拡大し田代庄(天羽庄)としている。なお春継は、この地に没している。
この地茂原には、建治2年(1276年)創建の「日蓮宗藻原寺(そうげんじ)」がある。この寺の記録に「応長2年(1312)藤原範綱が大檀那となり妙光寺を建立」とある。藤原範綱とは北家藤原有信の曾孫にあたります。この様に房総の地には、各流れの藤原氏が居りました。下総北部の香取神宮と鹿島神宮は、藤原一族の氏神でもあり武人貴族の藤原氏が特に力を注いだ地が下総国と上総国でした。千葉県には、この様な系譜の藤原さんが今も多く居られます。
【投稿日】2023/03/25 14:16:20
【投稿者】勝胤さん
藤原親雅の末裔「中村氏」について
室町幕府御教書に「文和2年8月28日(1353年)「中村備中権守親平」が所領である白井庄星名郷内神村の半分を大屋孫三郎入道に押領された。」との訴えが記録されていました。この白井庄は、先祖の藤原親雅が支配していた千田庄の南西の地に当たります。千葉県において藤原氏子孫が中村と姓を替えて栄えた足跡です。 
【投稿日】2023/03/25 09:03:50
【投稿者】勝胤さん
千葉県多古町には「千田庄(荘):ちだのしょう」があった。平安時代末期に「千田荘領家、本所は皇嘉門院(藤原聖子)、判官代として「藤原親雅(政)」が下向し支配する。」との記録がある。以降藤原親雅を千田様と呼び「千田親正:ちだちかまさ」ともいう。
この後、鎌倉幕府が興り藤原一族は主従反転し千葉氏の被官となっている。また千田中村の地(香取郡多古庄中村)に住む者は中村を姓とするが藤原親雅の末裔一族と伝わる。(他に千葉一族の中村氏には、海上氏の流れ等もある。)関連投稿に「知北」さんがあります。
【投稿日】2023/03/21 06:41:02
【投稿者】勝胤さん
刀工(刀匠)にも「藤原」を名乗る方が多い。「播磨大掾藤原重高」天正の頃越前に移住作刀し後に播磨大掾を受領している。また「伯耆守藤原朝臣信高」は、尾張名護屋に住んでいた。信高の本姓は河村左衛門とある。刀銘には藤原を使用し河村姓の使用は遠慮している。この一門は槍の名品を多数残している。 
【投稿日】2023/03/07 11:56:19
【投稿者】勝胤さん
銅鏡を製作する鋳物師「鋳鏡師」は、藤原姓を使用している。我が家の江戸期の銅鏡にも「藤原光政作」と印されている。名字の由来は、往古の昔御所の鋳物灯籠を献上し藤原姓を賜ったことによるとのこと。詳細は「本邦鋳物史の研究」に詳しい。鋳物師には「丹治、大江」の姓も観られる。  
【投稿日】2023/03/05 13:10:33
【投稿者】勝胤さん
鳥取県三朝町の岡山との県境の村に藤原(ふじはら)という苗字の家ばかりある地域の出身です。 祖父からは、祖先は戦いに敗れて逃げてきた平家落人とのことです。 また町内には、平家由来の人が多く、平さんや将門さんという苗字の人もいました。
【投稿日】2022/05/28 21:59:33
【投稿者】ふじはらさん
家系図を見ながら祖母に「祖先は藤原鎌足」と言われて育ちました。なので藤原という苗字でも藤原鎌足の子孫の方はいると思います。確かに現在は「鷹司」「近衛」「一条」が子孫だと聞きますけどね...
【投稿日】2021/12/15 12:21:27
【投稿者】りんごさん
平民苗字必称義務令以降に藤原を名乗っている人達です。春日大社の藤裔会とは全くの無縁でありルーツが違います。東方ガチ勢マンさんのコメントで「祖先は藤原鎌足」とありますが間違っています。そもそも本流の方達は現代社会においてこの苗字を名乗っていませんので。
【投稿日】2021/07/29 17:55:40
【投稿者】英霊の末裔さん
祖先は藤原鎌足だが、鎌足が韓国(百済)からの渡来人であるという説もある。(諸説あり)
【投稿日】2021/01/31 22:43:03
【投稿者】東方ガチ勢マンさん
一般的には[ふじわら]と読むが、兵庫県や大阪府、岡山県、山梨県などでは[ふじはら]と読む人が多い。また、[とうばら、ふぢわら]と読む人もいる。
ちなみに、大人気ピアノPOPバンドであるOfficial髭男dismのボーカルを務めている藤原聡さんの苗字は[ふじはら]と読むのが正しい。
【投稿日】2020/02/19 02:55:26
【投稿者】つーさん
私の祖父から聞き伝えですが、
鳥取県鳥取市郊外に藤原村?がありそこの出身だとの事。
その村の言い伝えでは平家落人で
この地に隠れ住んできたと。
家紋は丸に曼柏
【投稿日】2017/02/07 17:20:30
【投稿者】藤原さん
長野県佐久市付近が出身地。家紋は下り藤。
【投稿日】2017/01/02 10:35:06
【投稿者】藤原英二さん
みんなの名字の由来 投稿
「みんなの名字の由来」に書きこむには、ログインが必要です。
 
藤原さん みんなの家紋のはなし

反り亀甲に十二菊
【都道府県】島根県

お墓にある家紋ですが、名前がわかりません。家紋の枠も少し凝っていて名前がわかりません。

【投稿日】2021/04/19 15:38:20 【投稿者】ふじふじさん

三つ松に浮線蝶
【都道府県】広島県

>アゲハさん

「三つ松に浮線蝶」という家紋だと思います。

【投稿日】2019/07/02 14:00:56 【投稿者】ちば子さん

蝶 三本松
【都道府県】広島県

亡き母から一応平家筋とは聞いています。珍しいらしいとも。正式名称などあれば知りたいです。

【投稿日】2019/06/29 18:33:12 【投稿者】アゲハさん


丸に蔓柏
【都道府県】鳥取県

うちの父は、葉脈が6本と言ってましたね。
ちょっと遡れるとこまで調べたいと思います。

【投稿日】2016/04/12 13:43:59 【投稿者】さいふぁさん

 

※名字の順位・人数は2024年4月時点の政府発表統計および全国電話帳データを元にルーツ製作委員会が独自に算出したものです。
※名字由来netは政府発表統計や独自調査により得られたデータから、日々変化する日本人の名字の人数を日本で唯一算出しております。
※名字の推計人数は四捨五入して掲載しているため、各都道府県の合計人数と全国人数は一致しない場合があります。また、推計人数が少ない名字につきましては、一律「およそ10人」としています。
※名字の専門企業が算出している日本唯一の名字オリジナルデータですので、ご利用になりたい法人様やマスコミの方々はこちらよりお気軽にご相談ください。

※解説欄に「詳細不明」等と記載されている場合でも、「読み」や「有名人情報」が更新された際「新着・更新」名字欄に掲載されます。

※名字の情報を欲しい方は「情報求む」ボタンを押してください。「情報求む」欄には最新10件のみ表示されますので、定期的に確認いただき更新されることをお勧めします。
名字について詳しい情報をお持ちの方は、「名字の情報を送る」より名字の情報をお書きのうえ、送信ください。お送りいただいた情報はルーツ製作委員会にて精査し、名字の解説として掲載させていただくことがあります。

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る フォローする

名字検索

次に検索したい名字を入力してください。

*
 

最近検索された名字

片平  今給黎  島上  茶中  孕石  美谷  栗山  石郷岡    半杭  草田  斎藤  釆睪  辻川  嶽野  実島  田中  出竿  磯竹  是川  轡貫  中藪  鴻田  吉嶺  下八尻  三枝  丈達  前潟  佐藤  西高  大作  槽谷  着本  口脇  早泉    高桝  須志田  板橋  七五三木  藤原  五百旗頭  下村  慧嶽  金井  庭文  成住  椙谷    宇根  渥美  影長  下土居    久保  文殊四郎  生沼      小川  上長  佐井  尾万  金子  水浦  石牟礼  東影  疋田  野殿  新畑  檜垣  小畦    仲野  城後  海発  曽路地  左右崎  城代  猪股  水溜  菊仲  城所  重野  斉藤  鬼塚  辻本  田原  並木  祁答院  弘原海  前提  下田  鬼追  小林  富永  繁實  川崎  丑子  徳留 


家紋検索

調べたい家紋の名前や戦国武将・大名の名字を入力してください。

 
 


 

約30万種あるとされる日本人の名字の中で
5月27日最も幸運な名字はこちら
名字別の運勢はこちら

■今評判の名字ランキング
いろいろな名字・珍しい名字ランキングはこちら ベスト・オブ・名字はこちら 年間 名字アクセスランキングはこちら 上・下半期アクセスランキングはこちら 今日誕生日の有名人一覧へ 世界の名字ランキングはこちら

当サイトは多くのユーザー様に広くご自分や身近な方の名字の由来を知って頂くことを目的としておりますので、「情報の流用や加工を目的とした不正なアクセス」「他の文献等の内容を無断転載する」「不正なIPアドレス」 「同一人物が他人を装い、いくつものアカウントを使用し、不正なアクセスや当サイトに混乱をきたすような行為」「他サイトなどで根拠のない誹謗中傷などが発見された場合」 など左記はごく一部ですが、利用者に混乱をきたすと判断された場合は、データ保護の観点により、アクセス禁止措置、更に迷惑行為と判断し、法的措置を取らせていただく場合がございますので、ご了承ください。
取材等につきましてはこちらからご連絡ください。

名字検索

次に検索したい名字を入力してください。

*