【名字】納富

【読み】のうとみ,のうどみ,のおとみ,いりとみ,なとみ,なつとみ,おさとみ,のうふ

【全国順位】 3,859位
【全国人数】 およそ3,200人


同姓同名検索はこちら
納富さんと相性のいい座席を診断!
納富さんと気になるあの人の相性を診断!
個別に家系図を知りたい方はこちら
スマートフォン専用の検索はこちら
納富さんプレミアム会員とは
すでにプレミアム会員の方へ

【名字の由来解説】

現佐賀県と長崎県である肥前国藤津納富分村が起源(ルーツ)である、桓武天皇の子孫で平の姓を賜った家系である平氏(桓武平氏)教盛流がある。ほか大蔵氏田尻氏族。佐賀藩にみられる
このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る フォローする

最終更新:2020/07/31 23:15:36  最終更新者:大和


納富さんの多い地域 TOP5

都道府県人数
佐賀県 およそ1,300人
福岡県 およそ600人
東京都 およそ270人
神奈川県 およそ160人
長崎県 およそ150人
市区町村人数
佐賀県佐賀市 およそ810人
佐賀県小城市 およそ140人
佐賀県三養基郡みやき町 およそ60人
佐賀県神埼市 およそ60人
福岡県北九州市八幡西区 およそ60人

納富さんの比率が多い地域 TOP5

都道府県比率
佐賀県 0.1587%
福岡県 0.01177%
長崎県 0.01081%
宮崎県 0.00266%
山口県 0.00241%
市区町村比率
佐賀県三養基郡上峰町 0.384%
佐賀県佐賀市 0.351%
佐賀県小城市 0.303%
佐賀県神埼郡吉野ヶ里町 0.255%
佐賀県三養基郡みやき町 0.251%
※詳細は地図またはリンクをクリック

納富さん有名人ランキング TOP10

名前 生年月日 ジャンル 備考
納富 俊行 1971年 6月 15日 スポーツ選手 アトランタ五輪選手
納富 信景 歴史 戦国〜安土桃山時代の武将
納富 信留 1965年 3月 15日 研究者 哲学者
※上記は直近一週間のアクセス数Top10です。すべての納富さん有名人は以下から確認できます。

※ランキングや人数、読み、解説などの名字データをご利用される場合は、「参考資料 名字由来net」「名字由来netより引用」「出典 名字由来net」などと記載、そしてURLへリンクしていただき、自由にご活用ください。
※引用元の記載なく無断での商用利用(ニュースサイト,Youtubeなどの動画,まとめサイトなど含みます)は利用規約に反するため、問い合わせ窓口にご連絡頂くか、又は「参考文献 名字由来net」のクレジット表記とURLリンクのご協力をよろしくお願いいたします。

納富さん みんなの名字の由来
日本では苗字が地名に由来することが多いことから、納富氏については、住所「佐賀県鹿島市納富分井手分」や「肥前国藤津郡納富分村」などの「納富」に由来すると安易に指摘されることがある。 しかしながら、この場合には「納富」に「分」が付いていることから、「納富分」とは、時の土地の権力者から「納富」氏の者に対して与えられた土地という意味合いのものであり、同様に「井手分」は、「井手」に「分」が付いていることから、「井手」氏の者に対して与えられた土地という意味合いのものである。 永禄9年(1566年)に干ばつが起こると、神代長良は、仇敵で戦国武将である納富信景の所領・千布(佐賀市金立町千布)などへの水流を密かにせき止めた。この水の問題で互いは争い、納富勢は劣勢となったこともあり、納富勢の一部は肥前国佐賀に移り住み、活路を見出した。その後、その一部が肥前国鹿島(現在の佐賀県鹿島市納富分井手分などの一帯)に移り住んだ。この肥前国鹿島に移り住んだ納富氏に与えられた土地が「納富分」と捉える方が自然である。 つまり、「納富」の姓を名乗る者は、「納富分」という地名が誕生する前から存在していたことにつながる。 佐賀県鹿島市に存在する「納富分」は江戸時代から記録のある地名であるが、上述のとおり、納富信景は戦国時代から安土桃山時代にかけての武将であることから、佐賀県鹿島市に存在する「納富分」が「納富」氏の由来とすると、時系列に矛盾が生じる。 また上述のとおり、納富氏は、「肥前国藤津郡納富分村」や「肥前国鹿島」に居住する前に「肥前国小城一帯に移り住んだ」のであり、戦国時代から現在に至るまで「肥前国小城一帯」(現在の小城市一帯)に「納富」姓の者が居住し続けている事実が存在する。 このとおり「肥前国小城一帯」(現在の小城市一帯)に居住し続けている「納富」氏は、「肥前国藤津郡納富分村」や「肥前国鹿島」に由来するものではない。 したがって、「納富」という苗字を安易に地名「肥前国藤津郡納富分村」や「佐賀県鹿島市納富分井手分」に結び付けることには無理がある。 事実、納富信景は戦国時代から安土桃山時代にかけての戦国武将であり、納富信景が「肥前国藤津郡納富分村」や「肥前国鹿島」に由来する事実は存在しない。 一方、日本では苗字が地位・役職に由来することも多い。「納富」とは「富を納める」役職に与えられた苗字と解する方が自然である。 伊勢平氏(別名:桓武平氏)である納富氏は、壇ノ浦の戦い(1185年)など平家没落に際し、伊勢から船で筑前国姪浜に(現在の福岡市西区姪浜)上陸し、その後、山を超え、肥前国小城一帯に移り住んだ、武士(平氏)の一族であり、鎌倉時代から室町時代にかけて、この武士の一族に「納富」の姓が与えられた、と解する方が自然である。
【投稿日】2020/05/28 03:54:22
【投稿者】philosophyさん
みんなの名字の由来 投稿
「みんなの名字の由来」に書きこむには、ログインが必要です。
 
納富さん みんなの家紋のはなし
まだ納富さんの「みんなの家紋のはなし」がありません。

 

※名字の順位・人数は2022年3月時点の政府発表統計および全国電話帳データを元にルーツ製作委員会が独自に算出したものです。
※名字由来netは政府発表統計や独自調査により得られたデータから、日々変化する日本人の名字の人数を日本で唯一算出しております。
※名字の推計人数は四捨五入して掲載しているため、各都道府県の合計人数と全国人数は一致しない場合があります。また、推計人数が少ない名字につきましては、一律「およそ10人」としています。
※名字の専門企業が算出している日本唯一の名字オリジナルデータですので、ご利用になりたい法人やマスコミの方々はこちらよりお気軽にご相談ください。

※解説欄に「詳細不明」等と記載されている場合でも、「読み」や「有名人情報」が更新された際「新着・更新」名字欄に掲載されます。

※名字の情報を欲しい方は「情報求む」ボタンを押してください。「情報求む」欄には最新10件のみ表示されますので、定期的に確認いただき更新されることをお勧めします。
名字について詳しい情報をお持ちの方は、「名字の情報を送る」より名字の情報をお書きのうえ、送信ください。お送りいただいた情報はルーツ製作委員会にて精査し、名字の解説として掲載させていただくことがあります。

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る フォローする

名字検索

次に検索したい名字を入力してください。

*
 

最近検索された名字

中腰  城ケ崎  鬼塚  清佐  有谷  目谷  湯畑  阿形  山﨑  丹党  氣賀澤  橘内  友永  梅木  日浅  菩提寺  八川  三塚    須鼻  戸谷  朝日向  国東  人見  冨山  千葉  志垣  菱田  江代    甲斐田  阿左見  阿閉  石渡  高鷹  押部    和久津  苦木  金沢  小関  佐藤  東海林  満吉  後閑    布谷  相生  大桝  明石家  羽田野  宮崎  坂田  姫子松  世古口  牛腸  岩垂  京面  奥津  菰田  池部  小園井  香西  桐生  上間  改原  大舘  徳村  下峠  佐信  徳田  本土  用品  馬頭  小家松  八月朔日  郷右近    向井  井郷  里村  壽原  萩本  竹田  海生  嶺井  御厨  大保  半藤  神志那  鬼頭  梅田  上別縄  美柑  定田  車田  千財  鶴屋  伊古  紅葉 


家紋検索

調べたい家紋の名前や戦国武将・大名の名字を入力してください。

 
 


 

約30万種あるとされる日本人の名字の中で
6月30日最も幸運な名字はこちら
名字別の運勢はこちら

■今評判の名字ランキング
いろいろな名字・珍しい名字ランキングはこちら ベスト・オブ・名字はこちら 年間 名字アクセスランキングはこちら 上・下半期アクセスランキングはこちら 今日誕生日の有名人一覧へ 世界の名字ランキングはこちら

当サイトは多くのユーザー様に広くご自分や身近な方の名字の由来を知って頂くことを目的としておりますので、「情報の流用や加工を目的とした不正なアクセス」「他の文献等の内容を無断転載する」「不正なIPアドレス」 「同一人物が他人を装い、いくつものアカウントを使用し、不正なアクセスや当サイトに混乱をきたすような行為」「他サイトなどで根拠のない誹謗中傷などが発見された場合」 など左記はごく一部ですが、利用者に混乱をきたすと判断された場合は、データ保護の観点により、アクセス禁止措置、更に迷惑行為と判断し、法的措置を取らせていただく場合がございますので、ご了承ください。
取材等につきましてはこちらからご連絡ください。

名字検索

次に検索したい名字を入力してください。

*